PUBLIC/IMAGE.SESSION SPECIAL:Shuffle Talk|トップクリエイター6名による”シャッフル”トークショー開催

by Editor 10月 31st 2009

PUBLIC/IMAGE.3D オープン記念企画『PUBLIC/IMAGE.SESSION SPECIAL : Shuffle Talk』
11月14日(土)20:00〜 開催決定!

オルタナティブスペース「PUBLIC/IMAGE.3D」のオープンを記念し、これまでにWebマガジン「Public- image.org」に登場した各界を代表する6名のクリエイターを招き、”シャッフル”トークショーを開催します。ジャンルや世代などの壁を越えるクリ エーションを展開するトップクリエイターによるシャッフル形式のトークセッション。観覧者はもちろん、参加クリエイターにも当日まで対談相手が分からな い、刺激あふれるトークライブです。

Event Information
「PUBLIC/IMAGE.SESSION SPECIAL:Shuffle Talk」

開催日時:2009年11月14日(土)19:30 開場 / 20:00

開演
出演者:菊地敦己(Bluemark) / タナカカツキ / 針谷建二郎(ANSWR) /
松井えり菜 / 松原慈(assistant) / 三嶋章義 五十音順

入場料:2,000円(1D込み/前売りのみ)
定員:50名

会場:PUBLIC/IMAGE.3D
東京都世田谷区池尻2-32-2 デパール池尻1F

詳細はこちらまで

“QUOTATION No.5” 好評発売中

by Editor 10月 27th 2009

リニューアルし、発売したばかりの“QUOTATION No.5”ですが、先行発売していただいた渋谷リブロさんの「リブロ週間ベスト」では、発売直後にもかかわらず、書籍ランキング1位になりました。コントリビューターのみなさん、読者のみなさん、書店のみなさん、関係者のみなさん、いつも本当にありがとうございます。また、20日を予定していたトークショーは日時が変更になりそうです。詳細が決定したら改めて日時をアップさせていただきます。

PUBLIC/IMAGE.3D presents “FUNTASY” Exhibition

by Editor 10月 26th 2009

Public-image.orgを運営するクリエイティブスタジオANSWR(アンサー)が新オフィスに移転し、併設スペースに『PUBLIC/IMAGE.3D(パブリックイメージ・スリーディー)』という新たなギャラリースペースが誕生。
そのこけら落としとして国内外で活躍する4人の作家、 大島慶一郎、 大原大次郎、菱沼彩子、針谷建二郎によるグループ展「FUNTASY(ファンタジー)」が、11月6日(金)〜15日(日)まで開催される。

『oki-ni』による期間限定スペシャルディスカウント

by Editor 10月 23rd 2009

最新号N0.5で紹介しているロンドンのオンラインセレクトショップ『oki-ni』からQuotation読者に期間限定のスペシャルプレゼント。『oki-ni』の商品が11月30日までの間、15%オフで購入可能になります。詳細が書かれたページのURL http://oki-ni.com/page/jpn にアクセスし、プロモーションコードを取得後、Quotationのサイトの右側にある『oki-ni』のバナーをクリックして買い物を楽しんで下さい。

※セール商品は対象外となりますので、あらかじめご了承下さい。

“QUOTATION” No.5 発売

by Editor 10月 19th 2009

“QUOTATION” No.5が10月27日に発売になります。サイズと紙質、表紙のデザインも変えて、今号ではリニューアルしました。アマゾンでは予約受付中です。また、取り扱い書店が近くにない場合には、書店で注文していただくことも可能です。

“デザインを知る世界の名著100”

by Editor 10月 13th 2009

グラフィックデザインをテーマにした世界の書籍100冊が紹介されている“デザインを知る世界の名著100”は、グラフィックデザインが好きな人にはかなりおすすめの一冊。単なる図録カタログ的な作品集というより、書籍を通してグラフィックデザインを編集しているのが興味深い。なかには入手することができないような貴重な書籍も収録されていて、資料性も高い。グラフィックが好きな人、本が好きな人だったらきっとツボにはまるはず。

“QUOTATION” No.5 10月27日発売予定

by Editor 10月 02nd 2009

“QUOTATION” No.5は10月27日に発売予定です。編集部はいままさに色校正におわれてる日々。まだ予定ですが、今回も発売を記念してトークショーなどを開催するかもしれません。詳細が決まり次第情報をアップします。

また、“QUOTATION”編集長 蜂賀亨がオンラインカルチャーマガジンmoonlinxでインタビューを受けました。“QUOTATION”について、そして雑誌について答えています。興味がある人はぜひ。

Mail Magazine

magazine_24

Category

  • Gradation Blue
  • BNN
  • Ag Ltd.